ハンガリーの家探し!ボクが実際につかっていたお勧めサイト3つをシェア

ちょっと今日は家探しのハナシ、ブダペストの家探しサイトについてです。

ぼくはブダペストで一人暮らしとルームシェアをしていました。

引っ越しも2回経験すると、それなりにコツなんかも少しはわかる気もします。ではいきましょう。

✔︎ 時間がない人へのまとめ

  • とにかく鬼安い物件をお探しなら、Facebook。
  • 家具付きの綺麗な物件で一人暮らしをしたいなら、Nestpick。
  • 修学旅行てきな学生同士のルームシェアに参加したいなら、Craigslist。
 
筆者:こんな人が書いてます

MaeSo(まえそ)本名:Soh Maeda(前田 聡)


2018〜ウィーン在住、WEBライター。20歳になった頃に海外のユースカルチャーに興味を持ち出す。そこから独学で英語を身に付け、同世代の海外の若者にインタビュー(人生観・価値観について)した当サイトの前身「THE MINORITY SHOW」を個人発刊。その後より肌で海外を感じたいと思い、ヨーロッパ移住を決断。詳しいプロフィールはこちら。

ハンガリーの家探し!オススメサイト3選

 

ぼくがブダペストで家探しをする時には、以下3つのサイトを実際に使ってました。

媒体 特徴

 

Facebook

  • 探せば、とにかく安いのが見つかる
  • 学生同士のルームシェア物件もある
  • 最短3ヶ月契約のところもある
  • シェアメイトの募集も多い
  • 次の日には入居できるところもある

 

Nestpick

  • 全物件が家具付き保証
  • 綺麗な物件が多い
  • 家賃はほどよく高いくらい
  • スタッフの対応がいい、レスポンス対応もよし
  • 入居者不在の一人暮らし用の部屋もある

 

Craigslist

  • 世界最大の不動産掲示板
  • ルームシェア物件が多め
  • 学生がシェアメイトを募集していることが多い
  • 家賃を家主と示談交渉できる
  • 物件数がちょい少なめ

とりあえず、まずは目立った特徴ごとをズラーッとまとめてみました。

まずブダペストはニューヨークやパリなどの世界都市と違って、日本人向けの不動産サイトがインターネットにはありません。(ぼくは確認できなかったです ps.あれば是非教えてほしいです)

なので基本的には英語で調べていくことになるかと。

ではこの3つのサイトを具体的に紹介していきます!

Facebook(グループ)

とにかく安い部屋!家にお金は使いたくない!外国人ともルームシェアできる!

みなさん一度はFacebookの中にある「グループ」をつかったことはありますか?

目的を持った1つのコミュニティにユーザー同士が所属して、中でコミュニケーションがとれる機能のやつですね。

そんなFacebookグループには、ブダペストの家探しに便利なところがいくつかあります。

まずは「Budapest room rent / mate / share」と検索してみます。

すると入居者を募集しているグループがたくさんでてくるので、何個か気になったやつに参加してみてください。

グループの中では、家を誰かに貸したい人やルームメイトを探している人の投稿が毎日TLにあがってきています。(こんな感じ)

 

 

この人の場合は、ちゃんと最寄駅や地区の情報も書いていて、写真も綺麗なものを10枚以上も載せてて、とっても分かりやすいですね。うん、いい人そう!

ちなみに家賃は135,000HUF、光熱費が2,500HUFで、デポジットは2ヶ月分と紹介されてますね。

その他にも全室禁煙で最短1年間の契約だったりと、その物件の詳しい詳細なんかも書かれてます。

この様に、Facebookグループを使えば今回の女性のように、入居者を募集している人たちの書き込みが毎日あるので、とりあえずグループには参加だけでもしてれば損はないかなと思います。

あと内見までの流れも簡単です。

やること
① 自分の希望にあった物件を発見!
② 投稿者に「内見したい(Could I view this room?)」と書いたメッセージを送る
③ 希望の日時を伝える、住所と呼び出し番号を聞いておく
④ 当日!呼び出し番号を押しマンションの入り口を開ける、内見スタート

と、これだけで大丈夫です。

意外と難しそうに思えてもやることは案外シンプルですよね。

ちなみに英語に自信がない人は「家賃いくら?光熱費いくら?デポジットいくら?ネットある?…etc」と、事前に書いた紙を内見当日には持っていくと便利だと思います。

例えば、相手に Rent:◯? と書いた部分をその場で書き込んでもらえば、英語が聞き取れなくても読んで理解することができますよね。

ほかにもお金以外で心配なことは、事前にGoogle翻訳をつかって質問を書いておくといいかもしれません。

ぼくの場合は、一人暮らしをした部屋もFacebookグループで見つけて、その後にルームシェアした部屋もFacebookgグループでした。

ルームシェアをした時は、友達の家に居候し家無し状態だったので、メッセージを送ってから次の日には内見を終えて、その次の日には入居までしたのでかなりの猛スピードで家探しを終えました。

なので、ぼくが見つけた部屋のように、最短でも翌日入居できる物件もあると思います。

Nestpick

一人暮らし希望!家具付きの綺麗な部屋がいい!家賃はすこし高くてもOK!

ここからは、ハンガリー人も引越しの際には実際につかってるサイトを紹介していきます。

まずはブダペストの大手不動産サイト「Nestpick」です。

このサイトは、マップ検索から物件探しができるようになっていて、とにかく物件数も多いです。

家賃相場的には、5〜8万円程度のところが多く、他サイトと比べるとちょっとお高め。

でもその分、綺麗で新しい部屋やマンションなどが提供されているので、住む家にこだわりを持ちたい人にはピッタリだと思います。

数的にはルームメイトの募集より、住人も入っていない一人暮らし用物件の数が多い印象です。

ぼくも一人暮らしをする時に、このサイトを毎日見るようにしていました。

実際にスタッフと一緒に2度内見をしましたが、その彼女はレスポンス対応も良く、真夜中でもすぐに返信をくれたり、新着物件が入ったら知らせてくれたり、親身になってぼくが気になっている物件についてのアドバイスまでしてくれるアゲマンでした。

残念ながら、それ以上に条件の良い物件をFacebookグループで見つけてしまったので、ここでの契約はできませんでしたが、もう一度ブダペストで家を探すときがあれば、必ず利用したいビッグサイトの一つです。

ちなみに家具付き物件も多く、仲介手数料なんかも掛かりません。嬉しぃぃい…っ!

Craigslist

外国人とルームシェア希望!英語をフルにつかって生活していきたい!

こちらは世界最大のクラシファイド、Craigslist。

いかにも掲示板的な要素が強いサイトの作りですが、物件数は他と比べるとちょっと少なめ。

でも個人が投稿できるようになっているので、更新頻度は高めだったりします。

ぼくの場合は、ちょくちょく見にきてたくらいで、そこまで頻繁に使ってはいませんでした。

しかしサイト自体もシンプルな構造で「キーワード検索」「ベッドルーム数」「バスルーム数」「金額」など、最低限の絞り込みは出来るようになってますし、使い勝手はよし。

 

 

ただ正直、載ってる物件数の数は少なめかなーと思うのと、さらにはルームメイトを募集しているところが多めなのが素直な感想。

なので英語を日頃からつかって生活をしたい人や、外国人と一緒に生活をしてみたい人なんかにはピッタリの物件が見つかると思います。

実際にぼくの知り合いの大学生は、ここから同じ大学生がルームメイトを募集しているのを見つけたらしく。

そこから実際に住み始めて、いまでは男女合わせて合計8人で一緒に暮らしているそうです。

「毎日が修学旅行みたいでたのしいよ!エンジョイしてるわ!イェーア!」的なこともいってましたし、こういった特殊な物件はCraigslistを使ってからこそ見つかるのだと思います。

関連記事はこちらから。