【クレカ編】エポスカードという最強クレジットカードの選択肢もあり

クレジットカードは留学やワーホリ生活にはなくてはならないもの。

でもせっかくなら、年会費も無料でお得なサービスもついてくるクレジットカードを持っていきたいですよね。

そこで今回は海外ノマド2年目の僕が、こっちに来た当時から愛用をしてる「おすすめのクレジットカード」を紹介したいなっと。

✔︎ 時間がない人へのまとめ

  • 発行月から最大3カ月間の海外旅行保険が無料でついてくる。渡航直前に作ればお得。
  • キャッシングの手数料が現金両替よりも安い。キャッシング額の支払いは一回払い。
  • 家賃などの現金払いが必要なものにはエポス。その他、買い物等はデビットカードで使い分けよう。
 
筆者:こんな人が書いてます

MaeSo(まえそ)本名:Soh Maeda(前田 聡)


2018〜ウィーン在住、WEBライター。20歳になった頃に海外のユースカルチャーに興味を持ち出す。そこから独学で英語を身に付け、同世代の海外の若者にインタビュー(人生観・価値観について)した当サイトの前身「THE MINORITY SHOW」を個人発刊。その後より肌で海外を感じたいと思い、ヨーロッパ移住を決断。詳しいプロフィールはこちら。

 

持っておくだけでお守りになる「エポスカード!」


僕がいつもお世話になってるのが、こちらのエポスカード。

いままで約2年間使ってきたんですけど、ワーホリや留学など海外に長期滞在をする人には絶対にオススメの最強カードだと思ってます。

じゃあどこが凄いのか!エポスカードの具体的なメリットをみていきましょう。

 

① 海外旅行保険が自動的についてくる!

エポスカードは、持ってるだけで「最大3ヶ月間の海外旅行保険」が自動付帯されてきます。

とくにエポスカードは「傷害治療保険金(ケガをした時の保険)」「疾病治療保険金(病気をした時)」「携行品損害保険金(持ち物を盗まれた時)」の補償金を、ほかよりも少し多めに出してくれます。

簡単にまとめると、ケガをしたら最大200万円、病気にかかったら最大270万円、持ち物を盗まれたら最大20万円。

まさか自分がケガや病気をするなんては想像しませんよね。

実際、僕もこの2年間で大きな怪我や病気なんかに掛かることはなかったんですけど、パリでiPhoneを盗まれ、買い直したiPhoneを次はウィーンのバスで無くしました。笑

なので、どちらかというとこういった持ち物を不注意で無くすことの方が確率的には大きいですよね。

そんな時にエポスカードがあれば、持ち物の紛失・盗難・破損に対して最高20万円まで補償されるのは嬉しいですね!

あと、もし海外で病院にかかったらビックリするくらい高額の治療費が請求されます。

ちょっとの入院ですら数10万円、中には100万円以上のケースもあったり…

こうした理由から海外旅行保険は入っておいた方が良いんですけど、エポスカードの補償内容なら持っておくだけでお守りがわりにもなって安心できますよね。

 

② ATMからお得にキャッシングができる!

海外生活だとたまに現金が必要になる時があります。

個人的に現金が必要になる時は、やっぱり家賃を支払うときが一番多いですね。

でもどうやって現金を引き出すか?そこで活躍するのがエポスカード!

エポスカードを使うと現地のATMからキャッシング機能を利用して、こういったメリットで現金も安く引き出せることができるんです。

① いつでも好きな時に、必要な分だけ現地通貨を引き出せる。
② ATM手数料として108円(1万円を超える場合は216円)だけ。
③ 両替手数料や為替手数料がかからない。


実は現金両替のほうが一番手数料が高くつくんです。知ってました?

なのでエポスカードを持っていれば海外旅行保険が付くだけじゃなく、現地通貨も1番安く引き出せちゃいます!

あとエポスカードでは海外キャッシングを利用した場合の返済方法が、原則として1回払いのみ。

ちなみにあとからリボ払いに変更も可能です。

もちろん前倒し返済をすることができるんで、帰国後すぐにエポスATMかエポスカードセンターで支払えば金利手数料も安く抑えることもできます。

 

③ 紛失や盗難・不正利用にも全額補償!

 

海外でクレジットカードを使うときに1番恐いのが「紛失・盗難などによる不正使用」ですよね。

日本国内ならともかく、海外でカードを紛失したり盗難にあったらほぼ間違いなく返ってこないでしょうし、そうなってくると不正使用されてしまう可能性も高いでしょう…

しかし、エポスカードなら「紛失・盗難時の不正使用も61日前まで遡って全額補償」してくれるので安心。

その他にもカード利用毎にメールが送られてくる通知サービスもあるんで、もし不正使用されていたら直ぐに気付くことができます。

カード紛失・盗難時であればすぐに止めれるのでいいですが、スキミング被害に遭ったらいつどこで使用されているかなんて分からないですからね。

ちなみに、24時間年中無休で東京のエポスカード紛失受付センターが対応してくれるので安心できます。

 

ワーホリや留学などの長期滞在にはもってこい!


とりあえず1枚は持っておくだけで手厚い保険が無料でつくエポスカード。

お守りがわりで持っておくに越したことないです!

申し込みは10分もあればネットで完了しますが、申請にはこれらの準備が必要になってきます。

① 身分証明書(運転免許証・保険証など)
② 会社や学校の情報

僕もここから申請をして、無事カードも受け取りができました。

エポスカードの審査から発行までの日数は、申し込みからだいたい3週間前後です。

とはいえ申し込み者の状況や仕事によっては、審査時間も短くなったり〜あるいは伸びたり〜ってこともあります。

でも、例えば「渡航までに余裕がない!」「早くカードを受けとらないとヤバイ!」という場合は、最寄りのエポスカードのカウンターで受け取ることができます。

即日発行をするにはインターネットからの申し込みで、先に審査を終わらせておく必要があるんでご注意を。

なのですぐにでもカードが欲しいという場合は、申し込みの際に申請と入会を済ませておけばその日にカードが手に入ります。

無事カードの審査に通過できれば、あとはエポスカードカウンターに足を運びカードを受け取るだけです。超簡単…

 

気になる人は是非是非〜!では、筋トレに戻りまーす!

関連記事はこちらから。